三尊とは

本日は、為替(FX)トレードのチャートパターン「三尊」の攻略法をお届けします。

三尊は、他に「トリプルトップ」「ヘッドアンドショルダーズ」という名前で呼ばれたりします。
名前からどのような形であるか、お気づきの方も多いと思います。
三尊とは、その名の通りトレンドの頂点で3つの山を形成したときのチャートパターンになります。

これ以外の反転パターンは、すべて三尊のバリエーションに過ぎないと言ってよいほど、信頼性の高いチャートパターンになりますので、ぜひともマスターしてください。


headandshoulders

上の図は、典型的な三尊の形を図にしたものです。

全体像は、左側の上昇トレンドが頭打ちになって次第に下落している状況になります。
上昇トレンドの頂点は、3つの山を築いていて、真ん中の山が一番高く、両サイドの山は、低くなっています。

左側の力強い上昇トレンドが次第に力を失っていき、頂点付近でしばらくもみ合った後、均衡が崩れて一気に下落していく。
まさに、その時がショートエントリーを仕掛ける勝負所となるのですが、まずは、チャートパターンの形成過程を詳しく見てみましょう。

三尊の形成過程

どのようなチャートパターンにも言えることなのですが、ただ単純に形を覚えるだけでは勝負に勝てません。
なぜなら、形を作ったからと言って「絶対に勝てる」わけではないからです。
これがFXの残酷さでもあり、面白さであると私は考えています。
この世に絶対なものなんて存在しないのですから。

さて、話がそれました。

上の図をご覧ください。

まず、点Aに注目してください。
点Aは、三尊の左肩になりますが、ここは、まさに上昇トレンドの真っただ中といえるでしょう。
出来高にも注目してください。
前の高値の時より、大きく増加しているのがわかります。
これは、上昇に勢いがあり、まだ上昇トレンドが継続することを示唆しています。
もちろん、まだ天井であるとは、誰も考えないところになりますが、前の高値を大きく上抜いた3つ目の波になりますので、ここでロングエントリーをするのは早計な場面です。

次に、価格は、調整の下落に転じ、点Bを付けます。

Bの後、価格はさらに上昇して点Aを上回り、点Cをつけます。
この時点では、高値と安値を更新しているので、まだ上昇トレンド継続中なのですが、エリオット波動の第5波目ですので、そろそろトレンドも終わりを迎えようとしていることがわかります。
エリオット波動を知らない方でも、出来高に注目していただければ、点Cが点Aの高値を上回っているので、出来高は上回っていないことに気が付けば、「そろそろトレンドの終点かな。」と予想がつくはずです。

さらに、その後、価格は下落して点Dをつけます。
この時点では、高値と安値を更新しているので、まだ上昇トレンドといえるのですが、前回高値の点Aを下抜いていることから、「そろそろ上昇トレンドも終わりかな。」と考えなければなりません。
なぜなら、通常、前回高値は、支持線として機能することが多いのに、それを下抜けるということは、「何か起こっているな。」と考える必要があるからです。

その後、価格は上昇して点Eをつけますが、この時の価格は、点Cに到達しないばかりか、出来高も、さらに減少しています。

その後、点Dの価格を下回った時点で、点Eが高値を更新できず、さらに前回安値を更新したことになるので、ダウ理論によれば、この時点で上昇トレンドが終了し、下降トレンドに移行したことがわかります。
そして、同時に三尊の形が決まるわけです。

結果的に三尊がわかる

ところで、これまでの解説で何がわかったかというと、三尊のできる過程?でしょうか。
半分正解なのですが、結局のところ、私の頭の中では、エリオット波動やダウ理論を追いかけてトレンドを読んでいると、結果的に頂点の形が三尊になった、というだけの話です。
というか、それでいいと思います。

なぜならFX初心者の方がよく失敗しがちですが、三尊を覚えたはいいものの、結果的に三尊の形ばかりを追求してトレンドを読むことをしない(環境認識といいます。)と絶対に勝てません。
なぜなら、三尊なんて、ダブルボトムやトリプルボトムに比べて出現率が低いとはいえ、トレンドの途中や、それこそ時間足を変えれば、いたるところで確認することができるからです。

というわけで、私的な見解になりますが、参考にしていただければ幸いです。

三尊の攻略法

三尊のエントリーポイント

さて、本題ですが、三尊を攻略するに当たり、どこをエントリーポイントとするかは非常に重要な課題です。
ここからは、実際のチャートを使って解説します。

ユーロドルの1時間足。

EURUSDH4

 

上の図のとおり、三尊のエントリーポイントは、三つの山が完成して、ネックラインを下に抜けたところです。
これが教科書に書いてあるエントリーポイントになります。

でも、ちょっと待って下さい。

三尊が完成したからといって、必ず下降トレンドに入るとは限らないのです。
三尊が失敗して上にギューンと伸びることは多々あります。

だから、といっては何ですが、私なりというか、プロトレーダーなら絶対に熟知しているはずのエントリーポイント。
下の図は上記の15分足です。

EURUSDH1

一度下に抜けてもう一度赤色のネックラインにリテストをつけているのがわかります。
これは、ネックライン付近で反発を狙おうとするトレーダーの心理がこのような現象を生みます。
しかし、ネックラインを下に抜けた後、赤色の20日移動平均線に押されて下方向への勢いが強まりました。

もちろん、20にち移動平均線がなかったら、そのまま上方向へ行ったかもしれません。
これが相場の怖いところです。

前にも述べましたが、三尊が形成されたからといって、必ず下方向に行く保証があるわけでないことがお分かりいただけましたでしょうか。
チャートを読むときは、このように複合的に大きく捉えることが必要になります。

では、真のエントリーポイントはどこでしょうか。

上の図では、ピンク色の点線、つまり、ネックラインを下抜けした時の安値をさらに下抜けした時が真のエントリーポイントになります。
もちろん、ここまで辛抱強く待っても、必ず勝てるわけではありませんが、確率はかなり高くなります。

三尊の決済ポイント

エントリーと決済はセットと考えるのがいいでしょう。
せっかくのエントリーポイントも、決済ポイントをおろそかにしていては、あっという間に逆に引かれて負けることだってあります。
慎重な見極めが必要です。

さて、三尊のほどよいエントリーポイントは、三つの山の頂点(真ん中の山)からネックラインまでの距離をそのままネックラインを下抜けしたところにあててみて下さい。
これを値幅観測といいます。

もちろん、他にも決済ポイントの決め方はあります。
例えば、

  • フィボナッチをAの波に逆あてして161.8%付近を狙う
  • 前の親波の押し目や波の頂点を狙う。
  • 大きな時間足に切り替えて節目を探す。

等々、決済ポイントの決め方は色々あり、詳しくは省略しますが、要は、ネックラインの値幅観測は、最低限到達する可能性の高いポイントで、大きく値幅を狙うポイントが他に見つからない時に活用していただくのがいいと思います。

さて、その理由ですが、またまた図が登場します。
今度は、ユーロドルの日足です。

EURUSDDaily

先ほどの値幅観測で、トップ部分の2倍には到達しましたが、その後、価格は再び上昇トレンドに戻りました。
もしも、この時、フィボナッチの半値戻りや61.8%戻り、を期待していたら、結果、負けトレードになっていたでしょう。
ちなみにフィボナッチは31,8%にも到達していません。
非常に勢いのある上昇トレンドであったと言えます。

このように、決済ポイントの決め方には色々ありますが、移動平均線の傾き具合やエリオット波動、大きな時間足の流れ等、複合的に相場の流れを掴んだ上で、優位性の高い決済ポイントを選んでいかなければFXで勝っていくことは難しいと思います。

トリプルボトムの攻略法

当たり前ですが、これが下降トレンドの底で出たときは、トリプルボトムとなり、攻略法は三尊と同じです。
ただし、下降には勢いがありますが、上昇するのはなかなか一気にはいきません。
よって、より慎重な見極めが必要になります。

おわりに

さて、今回は三尊の攻略法をお届けしました。

三尊はとても有名なチャートパターンで、ネットを開けばいくらでも出てきますが、私のサイトでは、より実践的な内容をお届けしたく記事を書きました。
参考になれば幸いです。

それでは。