titan-fx-zero-point-technology

最強の海外口座~TitanFX(タイタンFX)~

海外FX口座に興味をお持ちですか?

海外の業者と聞いて、「興味はあるけど、本当に安全なの?」「手数料がすごく高いのでは?」等といった疑問にお答えします。

結論から言いますと、海外FX業者は、きちんと金融ライセンスを取得し、日本語にしっかり対応しているFX業者で選べば、安心安全であるどころか、国内FX業者にないメリットを享受できます。

今回は、私がメインの取引に利用している素晴らしいFX業者TitanFX(タイタンFX)についてご紹介します。

TitanFX(タイタンFX)の特徴

まずは、表でササっと確認してみましょう。
詳しい解説はその後で!!

 

titan-FX特徴

TitanFXの成り立ちについて

それでは、まず最初に、タイタンFXの歴史について軽く紐解いてみることにします。

Titan FXは、2014年当初、リテールクライアント向けにサービスを提供するため、ニュージーランドに設立されました。

その後、数年で、タイタンFXのビジネスは大幅に発展し、銀行からより良い評価を得ると同時に、ヘッジファンドなどの「プライベートダークプール」にアクセスできるまでに至りました。

そこで、2016年初め、ニュージーランド支社は、機関投資家および小規模のブローカーへのリクイディティ提供業務に特化し、リテールブローカー業務は、セントビンセント・グレナディーンへ移管することを決定したのです

その後、2018年中旬、バヌアツ共和国にてセキュリティディーラーとしての金融ライセンスを取得し、現在、全リテールブローカー業務は、バヌアツ支社(Titan FX)によって運営されています。

Titan FXでは、金融商品及び証券等取扱の許認可を受けた環境で、金融サービスを提供するため、リテールブローカー業務をセントビンセント・グレナディーンからバヌアツ共和国に移行しました。
金融ライセンス取得には、Titanスタッフの身元調査、一定の担保金、独立監査の義務付け等、厳格な規制監督と要件が求められることから、クライアントに対しては、これまで以上の信頼を獲得しています。
また、バヌアツ共和国は、地理的にニュージーランド及びオーストラリアに近いことから、TitanFXの社内運営をより円滑に行えるというメリットもあります。
用語解説
ダークプール
ダークプールとは、取引所を通さず、FX業者がトレーダー同士の注文を付け合わせて約定させるマッチング取引のこと。
正式名称は、「dark pool of liquidity」(ダークプール・オブ・リクイディティー)
 リクイディティー 流動性のこと。豊富に取引されていて、世界中に多くの市場参加者が存在しており、いつでも売買したい時に、すぐにその時の気配ねで取引が可能なことをリクイディティーがある、流動性があることを言います。
セントビンセント及びグレナディーン諸島
カリブ海の小アンティル諸島に位置しする、人工約11万人の小さな立憲君主国家です。
美しい海と白い砂浜、険しい火山を持つ小さな島国は、映画「パイレーツオブカリビアン」の舞台にもなりました。
バヌアツ共和国
南太平洋のシェパード諸島の火山島上に位置する共和制国家。
オーストラリアに近く、美しい海と珊瑚礁に囲まれた自然豊かな国で、世界で4番目に幸せな国と言われる。
首都は、ポートビラ。

Titan(タイタン)FXが誇る2つの口座~最狭のスプレッド

タイタンFXの最たる特徴と言えば、そのスプレッドの狭さについて触れないわけにはいきません。
一言で言えば、「最狭かつ最強」です。
まず、タイタンFXが提供する口座には、STANDARD(スタンダード)口座とBLADE(ブレード)口座2種類があります。

以下2種類の口座の特徴をタブメニューにまとめましたので、自分に合った口座を選択してみましょう。

  • DMA STP方式

    STANDARD-ZERO-口座(スタンダード口座)

  • DMA ECN方式

    BLADE-ZERO-口座(ブレード口座)

  • スタンダード口座の特徴

    TitanFX公式HPの説明

    「スタンダード口座は、取引手数料無料のSTP(Straight Through Processing)アカウントです。
    TitanFXの最新テクノロジーにより、全ての注文がディ-リングデスクを介さず(NDD方式)、リクオートなしで発注されます。
    スタンダード口座は、Metatrader4上でインターバンクのスプレッドにアクセスいただける期間レベルのSTO口座です。
    また、独自のネットワークにより銀行50行の他、弊社のダークプールリクイディティ(流動性)へのアクセスが可能です。」

    用語解説
    ※STPとは、「Straight Through Processing」の略で、注文・売買成立から決済に至るまでの過程を、人手を介さず電子的に行う取引方式のことです。
    また、NDD方式とは、トレーダーの注文を全てインターバンク直結でカバー先に流して決済する方式で、間に業者のディ-ラーを介さないことからトレーダーの利益が直接業者の利益に結びつく、非常にフェアな決済方法のことです。(詳しくは、【FXの取引方式】DD(OTC)方式とNDD方式の違いについて、分かりやすく徹底的に解説します。
    ※リクオート:注文したのに約定されないことや、他のレートでの提示がされる現象のこと。
    ※ダークプールリクイディティ:取引所を通さず、証券会社が投資家同士の注文を付け合わせる(マッチング)取引のことで、投資家の注文価格や注文数量などの流動性が外部から見えず、匿名性が確保される。

    タイタンFXのスタンダード口座は、NDD方式を採用

    つまり、タイタンFXのスタンダード口座は、取引にかかる手数料が無料の他、トレーダーの注文・売買成立から決済に至るまでの間、業者側のディ-ラー等の第三者を間に入れず、電子的に行うことのできるアカウントです。
    これは、国内FX業者にはない強みで、トレーダーにとっては、抜群の透明性がある取引方式であると同時に、非常に狭いスプレッドかつハイレバレッジで両建て、スキャルピングもやりたい放題というなんともサービス精神旺盛な口座になります。

    NDD方式を採用する海外FX業者としては異例の極狭スプレッドを提供

    さて、注目すべきそのスプレッドの狭さですが、海外FX業者としては、異例の狭きスプレッドになっています。

    スタンダード口座の主要通貨スプレッドにおいては、ユーロドル、ドル円、ユーロ円、オージードル、ポンドドル等日本人の大好きな通貨のスプレッドが極狭で、なんと、時間帯によっては、ユーロドル、ドル円に至っては、驚異の1Pipsをマークすることがあります。

    これは、海外FX業者としては、本当に狭いスプレッドなのです。

    透明性の高い取引方式を採用しつつ、手数料無料ハイレバレッジでこれだけのサービスを提供している業者はそういないでしょう。
    この秘密は、タイタンFXが独自に構築しているネットワークにあります。
    世界中で最も有名な超大手銀行との提携の他、「ダークプール」という、タイタンFXがトレーダー同士の注文を付け合わせるマッチング取引により、通常のNDD方式よりも、よりトレーダーに有利なスプレッドと約定スピードを約束しているのです。

    ゼロカットシステム(追証請求なし)を採用

    ゼロカットシステムとは、口座の残高がマイナスの状態でロスカットされても、追証の支払い義務が発生しないシステムのことです。
    タイタンFXでは、ZeroPoint(ゼロ・ポイント)テクノロジーを導入したことにより、相場が逆方向に大きく値動きした場合でも、自動ロスカットして口座の残高がマイナスになることを防いでくれます。

    そして、万が一、ロスカットが間に合わず、口座の残高がマイナスになった場合でも、タイタンFXがマイナス分を0にしてくれるので、追証や追加入金をする必要はありません。
    これは、国内FX業者にはないサービスであり、海外FX業者がいかにトレーダーにとって安全であるかを示しています。
    特に初心者の内は、エントリーに際しても適切なロット数がわからなくてギャンブルトレードに走りがちですが、そんな時は、このゼロカットシステムがいかにありがたいシステムであるか痛感してしまうでしょう。(経験談)

    取引手数料なし

    タイタンFXの口座は、すべて取引手数料が無料です。
    もちろんスタンダード口座でも、手数料無料のSTP取引を楽しむことができます。

  • ブレード口座の特徴

    TitanFX公式HPの説明

    1ロットあたり、わずか$3.5の手数料で、0pips~業界最狭水準のスプレッドにてお取引頂けます。
    TitanFXのECN(電子商取引ネットワーク)は、ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に置かれ、複数の流動性プロバイダーと共に電子商取引を行っています。
    ブレードアカウントでは、複数の投資銀行やヘッジファンドにより提供される機関レベルの流動性にアクセス頂くことが可能です。

    業界最狭スプレッド(0銭/0ピップ〜)

    Titan FXの誇るゼロブレード口座のスプレッドは、なんと、0Pipsから!!
    その秘密は、Zero Point(ゼロポイント)ダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション(ZP-DLA)というシステムによります。

    ZP-DLAとは、世界中のリクイディティ(流動性)から、ベストなレートを提供するシステムです。
    タイタンFXでは、マーケットを常にモニタリングし、最適なレートをマッチングし、顧客により有利な約定価格を提示できるのです。
    また、超高速処理能力を備えた人工知能により、常にベストなプライスとスプレッドを提供しています。

    少額の手数料で低コストな取引が可能

    ただし、取引にかかる手数料がゼロというわけではありません。
    ブレード口座は、スタンダード口座と違い、最狭スプレッドを提供する代わりに少額の手数料を徴収します。
    しかし、この手数料についても$3.5/1ロットにつき3.5ドルと非常にリーズナブルです。

    追証請求なし(ゼロカットシステム)*

    ブレード口座においても、もちろん、ゼロカットシステムは機能します。
    相場が逆方向に大きく値動きした場合でも、自動ロスカットにより口座残高がマイナスになることを防ぎます。
    万一、口座残高がマイナスになった場合でも、追証・追加入金の必要はありません。

    ECNネットワーク
    Titan FXで取引を行うと、国際金融の中心地として知られるウォール街から、わずか0.1ミリ秒の通信距離にある、Equinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に配置した、Titan FXの最新サーバーへ接続できます。

    また、ECNネットワークと、北米(米国 – ニューヨーク)、アジア(日本 – 東京、シンガポール)に複数配置したデータセンターにより、居住地のエリアに関わらず、超低レイテンシの高速接続で取引することが可能です。

    特に取引量の多いトレーダー、スキャルパーにとって、高速約定スピートは、必要不可欠な取引要件の一つになるでしょう。

    取引環境

    最先端テクノロジーにより、スキャルピングや両建てを含め、取引制限なく希望のスタイルで取引できます。
    最小取引量はマイクロロット(0.01ロット/1000通貨)で、レバレッジは最大500倍。
    また、世界的に人気の高いメタトレーダー4 (MT4)、モバイルツール(iOS、アンドロイド)、ブラウザ版のウェブトレーダーの中から好きな取引ツールを選び、Titan FXの提供する70+通貨ペア、株価指数CFD、メタル、エネルギーでの取引を楽しむことができるのです。

    幅広い入金方法

    入金手数料無料のクレジットカード、bitwallet、ネッテラー、Skrillを含む幅広い選択肢の中から、ご希望の入金方法をお選びください。 

 

TitanFXの安全性

こればかりは、経験をもとにお話しする必要があるでしょう。
私は、タイタンFXで取引を初めて2年以上が経過します。

はっきり言って、これほど素晴らしい業者はありません。

常に最速の約定、最強、最狭スプレッドで取引でき、出金も問題なくできます。
もちろん、これほどのサービスを提供するからには、口座開設時に特別なボーナスを提供することはできません。

しかし、それを補って余りある優位性がタイタンFXにはあります。
あくまで長い目で見れば、逆に言えば、安心して長い付き合いができる業者、それがタイタンFXなのです。