channelline-ntheory

前回は、ライントレードの基本についてお伝えしました。

さて、今回は、トレンドラインのプチ応用編、チャネルラインとN理論についてお伝えしたいと思います。

ライントレードを極めると、チャートリーディングの能力2倍にも3倍にもアップします。

是非最後までお付き合い下さい。

前回の記事【ライントレード】ライン引きの基本を学び、FXで勝利をつかもう

チャネルラインとは

チャネルラインというのは、前回学んだトレンドラインを平行移動させて当てたラインのことです。

どこに平行移動させるかというと、百聞は一見にしかず、ということで、まずは図をご覧ください。

EURUSDDaily-channelline

ユーロドルの日足です。

起点から引いた赤色のラインですが、とりあえず、安値が揃ったところにうまく引けそうだったので、なぞるように引いてみました。

そして、そのラインを直前のトレンドの頂点に平行移動させてみると、どうでしょう。

1回、2回と次の高値をぴたりと当てていますね。

価格は、3回目でチャネルラインを上抜けましたが、その後の下落で、不思議なことに価格はチャネルラインでサポートされ、数回バウンドしています。

それならば、今度は、発生したトレンドの頂点へ平行移動させてみます。

すると、次の高値をぴたりと当てました。

その後、価格は、元の赤色のトレンドラインを下に抜け、トレンドの押し目を形成。

さらに、今度は、上昇した際、元の赤色のトレンドラインがレジスタンスとして機能しています。

それでは、さらにトレンドの押し目にラインを平行移動してみます。

すると、その後、何度もサポートラインとして機能しました。

不思議ですよねー。

さて、今度は、同じチャートを別角度から見てみましょう。

EURUSDDaily-channelline2まったく同じチャートなのですが、今度は、トレンドの起点を変えてみました。

そして、新たに引いた赤色のトレンドライン直前のダウントレンドの戻り高値トレンドの頂点へ平行移動させます。

すると、また不思議なことに、価格が何度も同じところでサポートされたり、ロールリバーサルしてレジスタンスとして機能することがわかります。

こうしてチャネルを色々な角度から引いてみると、トレードがすごく簡単に思えますが、これは、後付の話。

しかし、世の中には、ほぼチャネルオンリーでトレードしている人もいるくらい、チャネルラインというのは優秀なツールです。

トレンドラインを引いたら、必ずチャネルラインも引くようにしましょう。

さて、このように優秀なチャネルラインですが、一体どのような理屈でこのような優れた機能するのでしょうか。

相場はNを描きながら動いていく「N理論」

相場は、一見して綺麗な形とは言えません。

特に初心者の内は、ジグザクにギザギザに方向感なく動いているように見えます。

そんな時、安値と安値、高値と高値を結んでトレンドラインを引き、さらに、トレンドラインを平行移動させて、直近のトレンドの目立つ高安値に置いてあげると(アウトラインと言います。)、チャネルができあがります。

チャネルラインを引くと、相場の流れが視覚的にわかりやすくなるだけではなく、価格が次にどこを目指して動くのかを予想できるようになります。

また、チャネルを抜けた後、ロールリバーサルして今度はチャネルラインが重要なサポートラインやレジスタンスラインになり、次の売買判断の目安になるのです。

チャネルとは、日本語訳すると、「道筋」「ルート」「手段」という意味ですが、まさにその通りですね。

では、どうして、チャネルが機能するのか、その答えの一つに「N理論」があります。

理論というと難しく聞こえますが、要は「相場はNの字を描いて動いていくんですよ。」ということです。

EURUSDDaily-channelline-n

レンジ相場であれ、トレンド相場であれ、一直線に動く相場というのはなく、必ず、高値→安値→高値→安値と価格は上下しながら動いていきます。

つまり、どんなに強い上昇相場や下降相場であっても、必ず押し目や戻り高値を付け、一休止しながら相場は動いていきます。

このような相場の修正をうまく利用したものが、チャネルラインです。

例えば、アップトレンドの場合、価格が上昇しているということは、買いポジションを持っているトレーダーが多いわけです。

すると、前回の高値を超えた辺りから、儲かっているトレーダーが、一度利益確定の売りを行います。

そうなると、当然、価格は下落するわけですが、上昇トレンド中の下落は、押し目と見られるため、順張り派のトレーダーにとっては、格好の買い場となり、その後、価格は再び上昇します。

そのように、相場は、一休止しながら上昇し、その後、上昇が止まるとレンジへ移行し、さらに徐々に安値を更新してダウントレンドへ移行していきます。

このような相場の性質が、結局Nの字となって相場に姿を現すわけです。

もちろん、Nの字が描かれれば、チャネルラインを引くことができ、一度チャネルラインを引いてしまえば、次の価格到達点が大体予想できるようになります。

チャネルラインによる価格到達点の予想

誤解のないように最初に申し上げておきます。

チャネルで価格到達点を予想するのは、あくまでも目安の話。

価格の動きが一時的に止まったり、方向転換する要素は、もちろんチャネルラインだけではありません。

例えば、ファンダメンタルズの要因や移動平均線に当たった時,フィボナッチ等、色々な原因があります。

ライントレードの価格到達点の予想も、これらの要因の一つと捉えて取り組んでみてください。

ただ、その確度はかなり良いように思います。

それでは、早速図を見てみます。

EURUSDDaily4

必ずこうなるとは限らないのですが、値幅観測の一つの方法として、「価格がチャネルラインを抜けたとき、そのチャネルラインの倍の値幅が出る」ことがあります。

上図の場合、結局3倍の値幅を観測しています。

ただ、何度もいいますが、必ずこうなるとは限らないので、抜けたからといって、安易にエントリーするとすぐ逆方向へもっていかれます。

だから、この値幅観測をトレードの根拠とする際には、他の指標の判断はもちろんのこと、価格が抜けてその後、何度もバウンドしていて、きちんとロールリバーサルしていることを確認してからエントリーすることをオススメします。

ちなみに、なんですが、私、これまで説明してきたチャネルの引き方は、全て、直前のトレンドの押し目や戻り高値に平行移動させています。

これは、よく言われる基本の引き方ではありません。

よく説明されるのは、あくまで価格がある程度進んで、目安となりそうな高安をつけてから、そこにアウトラインを引く方法で、これがオーソドックスです。

ただ、この方法だと、トレンドの初期の値幅を捉えることができないので、応用として、直前のトレンド(親波)の押し目、戻り高値にラインを平行移動させています。

どちらの方法も効きますので、ケースバイケースでラインを引いて見てください。

ただ、あまり引きすぎるとごちゃごちゃしますので、よく選ぶことをオススメします。

おわりに

今日は、チャネルラインとN理論について記事にしてみました。

今回ご紹介したのは、基本の考え方についてです。

チャネルについて研究していくと、取引の幅が広がるはずですので、自分なりにチャートにラインを引いて研究してみられることをオススメします。

また、もっと良いやり方、考え方あれば、どしどしメールで教えていただけると嬉しいです。

それでは、またお会いしましょう。