ラインを使ってネックラインを見極める方法

前回は、ライントレードの基本について学びました。

それでは、ラインを使い、実際のトレードにどう活かしていけばよいかについてお話させていただきます。

では、前回の図をもう一度おさらいしましょう。

この図にネックラインを引き、エントリー&決済ポイントをまとめてみました。

ちょっと、図が見づらいかもしれませんが(汗)

まずは、左側の下降トレンドをご覧ください。

上側の赤いチャネルですが、この引き方はもう大丈夫ですね。

上側の山2つの「谷」が確定した時点でその谷を結んでサポートラインを引き、そのラインを山の頂点に平行移動させるとチャネルが完成です。

チャネル内では、上下を繰り返し、山が3個できています。

これは、チャートパターンのトリプルトップの形ですね。

とうなると、必然的に、サポートライン=ネックラインとなるわけです。

エントリーポイント&決済ポイントを見極める

3つの山から段々と値が下がってきて、サポートライン=ネックラインを下抜けしました。

抜けたからと言って、すぐにエントリーするわけではありません。

下抜けした後、一度サポートラインにリテストが入っているのがわかるでしょうか。

しかし、この時点でエントリーするのも、実際は、少し早いのです。

 なぜかと言うと、リテストからそのままネックラインを上に抜ける可能性もまだ残されているからです。

重要なのは、リテストが入って、さらに陰線が確定した次の足から。

もっと安全をとるなら、リテスト前の谷を下に抜けたところからエントリーすることでしょう。

上の図は、ごちゃごちゃして分かりずらいので、拡大図をご用意しました。

では、決済ラインは、というと。

前回の復習になるのですが、リテストが入って「値がそろそろ下方向かな」と判断できた時点で、レジスタンスラインを引いておきましょう。

上側の青いラインですね。

その後は、赤いラインで囲まれた山の谷から平行のチャネルラインを引いていくと上の図が完成です。

後は、黒いラインにぶつかったところで利益確定の決済をし、さらに下抜けするようであれば、リテストを待ってから再エントリーしましょう。

その次の目標は、さらに下の黒いラインですね。

図では、一直線に下抜けしているように見えますが、これを小さい時間足に落としていくと、小さくリテストをしていることが確認できるはずです。

 最終目標は、下側の青いラインまでとなります。

図では、この青いラインをさらに下抜けしていますが、この先を無理にとろうとするのは、管理人的にはあんまりおすすめしません。

なぜかと言うと、

 トレンドには、必ず親波が存在し、その親波の範囲内でトレンドは動く
からです。

これは、ものすごく大事ですので、絶対に覚えておいてください。

この親波の範囲外で判断するのは、危険ですので、ひとまずやめにしておいて、様子を見た方がいいと思います。

実際に、図を見ると、青いラインの下側でダブルボトムを築いてトレンドが終了していますね。

このように、トレンドラインの下限で、トレンド終了を予期するチャートパターンが出現した時は、間違いなく相場に迷いが生じています。

 有名な格言にも「頭としっぽはくれてやれ」というのがありますが、実際に危険だから、そのように言われているのですね。

もうひとつ、トレンド終了を判断するツールがあります。

詳しくは、エリオット波動の項を見ていただきたいのですが、波にはカウントがあり、必ず

N

を書いて進んでいきます。

そして、下降トレンドにおいては、次の3段階で推移します。

詳しくは割愛しますが、基本的には、

1波が、最初の下落波

2波が、調整の上昇波

3波が、本格的な下落波

であり、

3波は、1波と同じ値幅か、それ以上下落することが多い

と覚えましょう。

これを図に加えると、さらにごちゃごちゃするのですが・・・・・。

こんな感じです。

1波と3波が、ほぼ同じ値幅で推移しているのがおわかりいただけますか。

このように、波の性質を理解すると、

「今3波が終わったけど、1波と同じ値幅動いたなー」
「しかも、チャネルラインの下限を下抜けしたけど、ダブルボトム作ってるし」
「そろそろ、下降トレンドもおわりかな」
「ここでさらにショートを仕掛けるのはやめて、様子を見ておこう」

という判断ができますね。

もちろん、全ての相場がこのとおり動くわけではありません。

3波が1波に変わり、さらに2波、3波・・と下降が続くパターンもあります。

FXをギャンブルにしないためには、なるべく勝率の高いエントリーポイントをテクニカルを使って探っていく作業が必要不可欠です。

ライントレードがその助けになれば幸いです。

さて、次回は、ライントレードの基本、水平線をふまえた超実践的な手法についてお話させていただきます。