エリオット波動理論

エリオット波動とは、ラルフ・ネルソン・エリオットという米国の株式アナリストが提唱した理論です。

元々は、株価の値動きを予測したものですが、人の恐怖と欲望により動くFX(外国為替取引)市場においては、株価と同様に使える理論です。

インターネットを検索すれば、簡単な説明は山ほど出てきますが、その奥は深く、全てマスターするには相当の努力と経験が必要かと思います。

私も全てを理解したわけではありませんが、それでも、このエリオット波動理論に出会ってから、FXの勝率がかなり上がりました。

エリオット波動理論を勉強すれば、相場を読む力(チャートリーディング)が格段に向上し、きっとあなたのトレードを助けてくれるでしょう。

まずは、基本の形から

奥が深いエリオット波動ですが、強いて一言で言い表すならば、「相場にはサイクルがあり、値動きには一定のリズムがある」ということになるでしょうか。

まずは、下の図をご覧ください。

相場とは、参加者の欲望と恐怖の駆け引きが作り出した波です。

つまり、相場というのは、波を描いて動いていくのです。

上の図は、上昇する波を描いたものです。

まったく簡単ではありますが、第1波、3波、5波が上昇波でトレンドを形成しているのに対し、第2波、4波は、トレンドに逆行する方向を向いています。

相場は、上記の5波を描きながら進み、これらの波には3つの決めごとがあります。

これは、基本中の基本なので、押さえておきましょう。

  1. 第2波は、第1波の始点をした抜くことはない。
  2. 第3波が最も短い波になることはない。
  3. 第4波が第1波の価格帯に割り込むことはない。

言葉で覚えるのは大変ですけど、要は、相場というのは、上の図のようにNの字を描きながら進行していくのが基本で、

第3波というのは、一番勢いがあって、長い波になることが多い、くらいに覚えておきましょう。

FXの波とは?

エリオットは、「推進波」「修正波」に分けています。

推進波

推進波は、