○ チャートの未来は見えない?

これからFXをはじめるあなたには、どのような未来が見えてるだろうか。

私は、未だに、

「チャートの未来が完璧に見えたらなあ」

と妄想を膨らませます。

だって、もし仮に、それが現実のものになれば、

  • 毎日朝早く出勤して、クタクタになって、夜遅く帰り
  • 家事をして、育児をして

そんな現実から解放されるのです。

でも、もちろん、現実は甘くないですよね。

どっかにドラゴンボール落ちてないかな。

 チャートの未来は、勉強し、経験をつめば、予測することが可能になります。

しかし、チャートの未来を完璧に見通せる人間はどこにもいません。

 FXで勝つには、勉強と経験が必要です。

ひとたびウェブサイトをめくれば、

  • FXは、楽して簡単に儲かる
  • FX必勝法を伝授

等と甘い言葉があふれていますが、FXは、そんな簡単な投資ではないのです。

もちろん、FXは、やりかたを間違わなければ、決して危険な物ではありません。

しかし、方法を間違えば、人を不幸にする可能性を十分に秘めているのです。

○ FXのリスクについて知っておこう

 FXには、様々なリスクがあります。

為替変動リスク

為替相場は、短期間で急激に変動することなどよくあります。

例えば、アメリカの雇用統計等、重大指標の発表時等は、世界中のトレーダーがこぞって参加するプチイベントですね。(ギャンブラーにとっては、一大イベントです。)

他にも、経済情勢の変化、政府や銀行の要人発言、地政学リスク、災害の発生等、様々な要因が市場に変化をもたらします。

そんな時、予想と反対方向に相場が動いたとき、場合によっては、預けた証拠金以上に損失が発生するリスクもあるのです。

流動性リスク

 主要国通貨(ドル、円、ユーロ等)は、市場参加者が多い=流動性が高いので、いつでも売買可能なのですが、南アフリカランドなどの一部流動性が低い通貨は、市場参加者が少ないので流動性が低く、売買できないばかりか、保有したポジションを決済できないリスクを生じさせる可能性が、なきにしもあらずですから注意が必要です。

金利変動リスク

 金利政策が発表されると、相場は大きく動きます。

場合によっては、「こんな通貨もってられるか」と嘆いた投資家が売りに走るかもしれないし、その逆もしかり、ということで、何がいつ起こるかわからないということは、肝に銘じておきましょう。

さらに、金利が変わるということは、それまではスワップポイントを受け取っていた側だったのに、一気に支払う側に代わってしまう、なんてことも。

○ FXをギャンブルにしない

 FXは、ギャンブルではありません。

正確には、誰にも未来を的中させることができない現実を鑑みれば、ギャンブルであるといわれても否定できません。

しかし、相場の世界には、様々な理論や経験則が存在し、それらを学んだ人間が、実際に相場を動かし、かつ、ファンダメンタルズの要因に影響を受けながら市場は変化します。

チャートの未来を予測する研究された理論が存在し、勝率を考えながらリスクリワードを適切にとって相場に臨み、さらにあなたが、あらかじめ決めておいたラインを突破したら損切り(又は利益確定)するという戦略をもって相場に臨むならば、それは、果たしてギャンブルでしょうか。

○ FXはゼロサムゲーム

FXは、ゼロサムゲームと呼ばれます。

要するに、参加者の得失点差がゼロになるというもので、例えば、あるゲームにおいて、Aさんが1,000円、Bさんも1,000円を出し合って参加したとします。

ゲームの結果、Aさんは勝って持ち金が2,000円になった。

では、Bさんの持ち金はというと、0円ということになりますね。

株式投資においては、株価が上昇すると、新たな価値が生まれて、みんなが幸せになる可能性を秘めていますが、FXにおいては、通貨の相対的取引である性質上、一方の価値が上がれば、一方の価値は下がってしまうわけですね。

 FXの相場は、人間の心理を弄ぶかのように上下に激しく動き、翻弄します。

 FXの世界で勝ち続けるためには、相場について勉強し、経験を積んで自分なりの投資ルールを確立していくより方法はありません。

そして、多くの人は、資金を失い、痛手を追いながら強くなっていくのです。

○ 投資は余裕資金で行う

FXに限らず、投資は余裕資金でやることが大前提です。

前述しましたが、FXを長く続けるために必要なことは

  • 的確なチャートリーディング
  • エントリーポイントと利益確定
  • 適切な損切り
  • リスクリワードの管理

等です。

 中でも、資金管理が最も重要だと考えます。

資金管理ができなければ、全勝という概念がありえないFX取引においては、1回の負けで全財産が失われてしまいかねないのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 FXはやり方を間違えなければ、決して危険なものではありません。

 しかしながら、FXは、決して

  • 楽して儲かる投資

ではないので、このサイトを通じて、少しでもお役にたてたらと考えています。